ここから本文です

最近5年間で韓国人が最も訪れた旅行先1位は中国…2位は日本

中央日報日本語版 9月22日(木)6時42分配信

最近5年間で韓国人が最も多く訪れた海外旅行先は中国であることが分かった。

21日、韓国国会教育文化体育観光委員会の安敏錫(アン・ミンソク)議員(共に民主党)が文化体育観光部から提出させた資料「最近5年間の主要海外旅行目的地」によると、2011年から韓国人が最も多く訪れた旅行先は中国であることが明らかになった。次いで日本、米国、タイ、フィリピン、香港となっている。

資料によると、昨年一年間に中国を訪れた韓国人は444万4000人で、全国民の10分の1が訪れた計算になる。日本を訪れた韓国人も昨年400万2000人となり、高い人気を示した。

安議員は「韓国国民の海外旅行者数は増加の一途」とし「政府は海外旅行中の国民の安全のためにより一層努力しなければならない」と伝えた。

最終更新:9月22日(木)6時42分

中央日報日本語版