ここから本文です

小平智が首位発進 好調の今平周吾1打差追う

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9月22日(木)18時0分配信

◇国内男子◇アジアパシフィック ダイヤモンドカップ 初日(22日)◇茨木カンツリー倶楽部 西コース(大阪府)◇7320yd(パー70)

小平智と交際中の古閑美保。ロープ外で静かにプレーを見守っていた

アジアンツアーと共同で開催する大会。国内メジャー2勝を含むツアー3勝を挙げている27歳の小平智が7バーディ、1ボギーの「64」でプレーして、6アンダーの首位でスタートした。

今季未勝利が続く小平は出だしの10番で6mを沈めてバーディ発進。8月末に調子を落としていたパッティングの猛練習を、前週「ANAオープン」から開始し、さっそく実りのあるラウンドとなった。

後半7番ではグリーン奥、逆目の芝からのアプローチを寄せてパーを拾うなど、ショートゲームが冴えた。最終9番では2打目が池につかまりかけてボギーを叩いたが「赤杭の区域から(3打目を)打てたので、運があると思う」と納得。海外志向が強く、欧米ツアーへの挑戦も視野に入れるだけに、日亜両ツアーのシードかかかる今大会へのモチベーションは十分。「最終日のバックナインに向けてしっかり準備したい」と意気込んだ。

1打差の5アンダー2位に、今季トップ10フィニッシュ5回、賞金ランク6位につける今平周吾。4アンダーの3位でアダム・ブランド(オーストラリア)、平塚哲二、岩本高志に加え、パチャラ・コンワットマイ、ティティプン・チュアヤプラコン(ともにタイ)、ジュビック・パグンサン(フィリピン)が続いた。

賞金ランクトップの谷原秀人は6バーディ、3ボギーの「67」でプレーして、3アンダーの9位。小池一平、稲森佑貴と並び好位置で発進した。


【主な上位成績】
1/-6/小平智
2/-5/今平周吾
3T/-4/アダム・ブランド、平塚哲二、パチャラ・コンワットマイ、岩本高志、ジュビック・パグンサン、ティティプン・チュアヤプラコン
9T/-3/小池一平、稲森佑貴、谷原秀人

最終更新:9月26日(月)0時26分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]