ここから本文です

青森・竜飛岬で14棟全焼 1人死亡

河北新報 9月22日(木)10時34分配信

 21日午前8時20分ごろ、青森県外ケ浜町三厩龍浜の住宅密集地から出火、周辺の住宅9棟と物置小屋など5棟の計14棟が全焼し、無職神初男さん(64)方の木造2階住宅の焼け跡から性別不明の遺体が見つかった。

【地図】火災現場と竜飛岬周辺

 県警外ケ浜署は、遺体は神さんとみて身元と出火原因を調べている。

 この火災で、介護施設に通う1人暮らしの高齢者ら近所の住民約10人が近くの漁協に避難した。

 自宅が全焼した漁業男性(72)は「外で騒ぐ声が聞こえて窓を見たら黒い煙が目に入った。ホースを使って消火したが、次々に火が燃え移り、建物が炎で包まれた」と話した。近くに住む漁業男性(76)は「あっという間に辺りが煙で真っ黒になり、ガスが爆発する音もした」と語った。

 現場は津軽半島北端の竜飛岬にある漁港に面した集落。

最終更新:9月22日(木)16時31分

河北新報

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。