ここから本文です

9歳馬ドリームバレンチノが約1年10か月ぶりのV!/東京盃・大井

netkeiba.com 9月22日(木)16時36分配信

 22日、大井競馬場で行われた第50回東京盃(GII・3歳上・ダ1200m・1着賞金3500万円)は、中団後方でレースを進めた岩田康誠騎手騎乗の4番人気ドリームバレンチノ(牡9、栗東・加用正厩舎)が、直線で大外から一気に突き抜け、先行して粘った3番人気コーリンベリー(牝5、美浦・小野次郎厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分11秒9(不良)。

 さらにアタマ差の3着に7番人気プラチナグロース(セ6、川崎・佐々木仁厩舎)が入った。なお、1番人気ダノンレジェンド(牡6、栗東・村山明厩舎)は5着、2番人気ノボバカラ(牡4、美浦・天間昭一厩舎)は9着に終わった。

 勝ったドリームバレンチノは、父ロージズインメイ、母コスモヴァレンチ、その父マイネルラヴという血統。2014年のJBCスプリント以来、約1年10か月ぶりの勝利となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ドリームバレンチノ(牡9)
騎手:岩田康誠
厩舎:栗東・加用正
父:ロージズインメイ
母:コスモヴァレンチ
母父:マイネルラヴ
馬主:ライオンレースホース
生産者:ビッグレッドファーム
通算成績:47戦12勝(重賞5勝)
主な勝ち鞍:2014年JBCスプリント(GI)

最終更新:9月22日(木)17時9分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]