ここから本文です

NY発ハンバーガーレストラン「Shake Shack」 東京国際フォーラムに誕生

レスポンス 9/22(木) 8:45配信

東京・有楽町、東京国際フォーラムにNY発のハンバーガーレストラン「Shake Shack」(シェイクシャック)が9月22日、オープン。21日にはその前夜祭が行われ、関係者やメディアに公開した。国内のシェイクシャックとしては、外苑いちょう並木、恵比寿駅前についで3店舗目。

[関連写真]

シェイクシャックは、「現代のバーガースタンド」をコンセプトに、ホルモン剤フリーのアンガスビーフ100%ハンバーガー、ホットドッグ、フローズンカスタード、シェイク、ビール、ワインが楽しめるNY系ハンバーガーレストラン。

2001年、ニューヨークにあるマディソンスクエアパークの再生を目的としたアートイベントに1台のホットドッグカートを出店したのがシェイクシャックの始まりで、2004年にパーク内の常設店舗「Shake Shack」が誕生。「モダンなバーガースタンド」としてNY市民に知られるようになった。

いまでは、アメリカ15州、コロンビア特別区、ロンドン、イスタンブール、ドバイ、モスクワ、カンナムなどに店舗を構え、日本にも進出。定番といわれるシャックバーガーや、スモークシャック、シャックカーゴドッグなど、NY系スタンドフードが有楽町駅前で体感できる。

また東京国際フォーラム店だけの限定メニュー「Matcha Forum Blend」、「Yurakucho Edition」、「Banana Caramel Brownie」も設定。濃厚なフローズンカスタードと厳選したトッピングを高速でミックスしたオリジナルアイス「コンクリート」はこの店舗だけの味だ。

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:9/22(木) 8:45

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]