ここから本文です

CTBT外相会合 北朝鮮に核実験中断求める共同声明

聯合ニュース 9/22(木) 9:15配信

【ニューヨーク聯合ニュース】国連総会に参加している約40カ国の代表が21日(米東部時間)、北朝鮮の核放棄と核開発計画の破棄を求める共同声明を採択した。

 包括的核実験禁止条約(CTBT)の早期発効に向けた「CTBTフレンズ」外相会合が国連本部で開かれた。国連関係者によると、これら外相は国連の警告にもかかわらず北朝鮮が核実験を繰り返していることを一斉に批判。共同声明では北朝鮮を21世紀に核実験を行った唯一の国と指摘しながら、「最も強い言葉」で非難した。

 その上で「北朝鮮が再び核実験を行わないよう要求する」とし、国連安全保障理事会の決議と6カ国協議共同声明の義務を順守して、あらゆる核の放棄と核開発計画の破棄に取り組み、核開発に関連した行動を直ちに停止するよう求めた。

 会合には潘基文(パン・ギムン)国連事務総長も出席した。米国や日本、ドイツ、カナダ、オランダなど約10カ国は個別の発言でも北朝鮮の挑発を批判。韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官は、北朝鮮はこの時代の安保に最も深刻な脅威だとしながら、「時限爆弾のような北の核への欲望を今くじかなければ国際社会は後悔することになる」と訴えた。

 CTBTは1996年に合意したが、核保有国など特定44カ国のうち米国、中国、北朝鮮など8カ国が批准しておらず、いまだ発効していない。

最終更新:9/22(木) 9:32

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]