ここから本文です

真剣佑&村上虹郎&北村匠海ら「仰げば尊し」の若手俳優に注目!

cinemacafe.net 9/22(木) 9:30配信

弱小高校吹奏楽部を舞台にひとりの男と生徒たちが起こした“奇跡の実話”に基づく物語を描いたドラマ「仰げば尊し」。先週、堂々の最終回を迎え、放送終了後には「終始号泣してた」「もっと長く見ていたかった」「ひたすら感動した」など絶賛の声がSNS上で続出。大きな感動とともにこの夏を駆け抜けていった。

この記事のほかの写真

そして、劇中の登場人物たちさながらに、仲間とともに経験をともにし、大きな成長をみせたのが、真剣佑、村上虹郎、「DISH//」の北村匠海、太賀、佐野岳ら若手俳優たち。彼らがこれから先どんな輝きを見せてくれるのか? これまでの経歴と今後の出演作をチェックしておく。


■真剣佑
アメリカでの映画主演作を持つなど、若くしてグローバルな活躍をみせる真剣佑さん。2014年頃からは日本でも活動を始め、今年は、舞台「花より男子」西門総二郎役で初舞台を踏む。また、広瀬すず主演作『ちはやふる』では、野村周平、上白石萌音、矢本悠馬、松岡茉優ら同世代の若手俳優たちと競演。青春ストーリーと瑞々しい演技が高い評価を獲得し、さらなる続編も制作が決定している。現在は、川口春奈&林遣都で公開中『にがくてあまい』に出演。来月には、原作・湊かなえ×主演・本田翼&山本美月×監督・三島有紀子という4人の女性たちが仕掛ける『少女』が控え、早くも来年には、3年で“チアダンス部”が全米大会を制覇するまでの軌跡を描く『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』、山本美月と「Hey! Say! JUMP」伊野尾慧のW主演で贈る『ピーチガール』の2作品への出演が決定している。

■村上虹郎
映画『2つ目の窓』で映画初出演で主演を飾り、以降『神さまの言うとおり』『ディストラクション・ベイビーズ』と話題映画に出演。昨年の「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」がドラマ初主演となった。今冬には、かつて「嵐」の二宮和也・主演、蜷川幸雄・演出で上演された舞台「シブヤから遠く離れて」の2016年版上演の主演に抜擢。小泉今日子と共演する予定だ。来年にも、りゅーとぴあプロデュース「エレクトラ」登壇や、「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」の原作者で知られる赤城大空の人気小説の映画化『二度めの夏、二度と会えない君』で吉田円佳、加藤玲奈、金城茉奈、山田裕貴らフレッシュな若手俳優陣と競演する。

■北村匠海
音楽ユニット「DISH//」のメンバーでもある北村さん。子役として活動していた経歴を持ち、『DIVE!!』『重力ピエロ』『シュアリー・サムデイ』など出演作多数。今年に入ってからは『セーラー服と機関銃 -卒業-』を皮切りに『あやしい彼女』『ディストラクション・ベイビーズ』と怒涛の出演ラッシュ。来年には、話題の小説を映画化する『君の膵臓をたべたい』にて、浜辺美波とのW主演が決定。今後も、テレビドラマ主演や舞台など、さらなる活躍に期待が持てる若手俳優のひとりだ。

■太賀
2006年、13歳で芸能界入りし、 テレビドラマ「新宿の母物語」で俳優デビューを飾った太賀さん。2007年には「風林火山」でNHK大河ドラマに初出演し、以降数多くのドラマに出演。映画も『バッテリー』『ひゃくはち』『MONSTERZ モンスターズ』『アゲイン 28年目の甲子園』と挙げだせば切りがないほど多くの作品に登場。最近では「ゆとりですがなにか」でのゆとりモンスターっぷりが話題に。今後は、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の審査員賞を受賞した『淵に立つ』や、憧れの役者・山田孝之との共演作『闇金ウシジマくん the Final』、蒼井優久々の単独主演映画『アズミ・ハルコは行方不明』の公開が控える。

■佐野岳
第24回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストにてグランプリを受賞した佐野さん。「仮面ライダー鎧武/ガイム」にてテレビドラマ初主演を務め、一躍お茶の間の人気若手俳優に。その後は「地獄先生ぬ~べ~」「下町ロケット」などのドラマを始め、舞台「曇天に笑う」(曇空丸役)や「終わりのセラフ」The Musical(百夜優一郎役)など2.5次元舞台でも活躍。現在は、ディズニー・チャンネル「世界のディズニーリゾートへGO!」にてトミタ栞とMCを担当。11月からは、松たか子、森山未來らと共演する舞台「メトロポリス」が始まるほか、新木優子、岡本杏理、青木玄徳、栗原類ら出演で贈る“ゆとり世代の就活前哨戦”を描いた映画『インターン!』が公開される。

最終更新:9/22(木) 9:30

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]