ここから本文です

【シンガポール】8月訪日客1.2万人、前年同月比4%減

NNA 9月22日(木)8時30分配信

 日本政府観光局(JNTO)が21日発表した2016年8月の訪日シンガポール人客数(推計値)は、前年同月比4.1%減の1万2,100人となった。14年9月から16年7月まで1年11カ月連続で各月の過去最高を記録していたが、ここに来てマイナスに転じた。
 昨年8月はシンガポールの建国50周年を記念した大型連休による旅行特需があったほか、韓国でMERS(中東呼吸器症候群)の感染が拡大した影響で旅行先に日本を選ぶ人が増えており、今回はその反動が見られた。こうした状況下で、日本・シンガポール外交関係樹立50周年(SJ50)事業が、訪日需要を下支えたという。
 JNTOシンガポール事務所はNNAに対し、「シンガポール経済の減速に伴い、アウトバウンド需要は鈍化傾向にある」と指摘。一方で、航空会社や旅行会社からは、訪日旅行のブランド価値は恒常的に向上しているとの声が寄せられているとした。JNTOは8月にシンガポール最大級の旅行博「トラベル・レボリューション」にジャパン・パビリオンを出展したが、来場者数は予想を上回ったという。今後も中長期的な視野で、安定した訪日基盤の構築を強化していくとしている。

最終更新:9月22日(木)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。