ここから本文です

発展に尽力 9氏たたえる 琉球新報賞贈呈式・受賞祝賀会

琉球新報 9月22日(木)5時0分配信

 第52回(2016年度)琉球新報賞の贈呈式・受賞祝賀会(琉球新報社主催)が21日夜、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューで開かれた。経済・産業、社会・教育、スポーツ振興、文化・芸術の各分野の発展に尽力し、長年にわたる足跡を残した9氏に賞状と記念品が贈られた。

 経済・産業功労にオリオンビール社長の嘉手苅義男氏(77)とメイクマン会長の湧川善充氏(72)、社会・教育功労に県なぎなた連盟会長の長濱文子氏(87)、スポーツ振興功労に元WBA世界ライトフライ級チャンピオンの具志堅用高氏(61)、文化・芸術功労に作曲家・プロデューサーの普久原恒勇氏(83)と琉球舞踊家の谷田嘉子氏(79)、玉城節子氏(75)、玉城秀子氏(74)、金城美枝子氏(75)が選ばれた。

 贈呈式で富田詢一琉球新報社長は「時には苦難の道を歩まれ、大変なご苦労があったと思う。ご功績に心から敬意を表する」とあいさつした。

 安慶田光男副知事が翁長雄志知事の祝辞を代読し「県勢発展のため今後とも力添えを頂きたい」と述べた。

琉球新報社

最終更新:9月22日(木)9時41分

琉球新報