ここから本文です

なんて読む? 日本の珍地名「愛冠」

ITmedia LifeStyle 9月22日(木)6時10分配信

 所在地は北海道足寄郡足寄町。アイヌ語のアイカプピラ(矢の届かぬ崖)から来ている地名で「あいかっぷ」と読みます。

【正解はこう読みます】

 この地にある愛冠駅は名前にちなんで縁起の良い駅名ということで訪れるファンも多く、待合室も「愛の冠」のカタチをしています。廃駅になった後もそのまま残され、廃駅後にここで結婚式を挙げるカップルもいたようです。駅前には愛の泉と呼ばれる湧き水があり、廃駅となった今でも湧き水は健在で、ペットボトルに水を組み入れて持ち帰る人もいるほど。

 さらに、愛冠岬が有名で、愛冠岬の先端に「愛の鐘ベルアーチ」があり、思いをかなえる鐘として人気の場所です。

 恋愛運をアップさせたい方にはもってこいな地域かも?

最終更新:9月22日(木)6時10分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]