ここから本文です

ソーラー充電しながら「ポケモンGO」を長時間楽しむ

アスキー 9月22日(木)11時0分配信

人気アプリ「ポケモンGO」はバッテリー消費が激しいのが困りもの。外を出歩くアプリだけに予備電源の確保は必須だ。今回はソーラー充電が実用に耐えるかをチェックした。

■「ポケモンGO」は1時間のプレイでバッテリーを30%消費
■外出先での何らかの充電対策はほぼ必須という結果に
 モバイルバッテリー特需の主な要因は、この2016年夏にリリースされたアプリ「ポケモンGO」だ。画面をつけたまま長時間遊ぶプレイスタイルということもあり、1~2時間歩いているだけでスマホのバッテリーをかなり消費してしまう。解決策としては外出先で充電できるモバイルバッテリーがあるのだが、できればバッテリー残量を気にせず長時間遊びたい、というのがプレーヤーの望みだろう。
 
 「ポケモンGO」でバッテリーは実際にどのぐらい消費するのだろうか。1時間プレイした状態でのバッテリー消費を改めて調べてみた。
 
<b>
■「ポケモンGO」を1時間プレイしたときのバッテリー消費量■
</b>
 
 
iPhone 6s(1715mAh)
Xperia X Performance SOV33(2570mAh)
バッテリー
30%消費
29%消費
 ※ディスプレーの明るさは50%に設定。「ポケモンGO」のみ起動した状態で計測。アプリのバッテリーセーバー機能は利用していない。
 
 両端末とも、1時間遊んだだけでバッテリーを約30%消費した。「Xperia X Performance」のSTAMINAモード(屋外での視認性を考えてディスプレーの明るさは50%に設定)でも結果は29%と変わらない。
 
 このバッテリー消費速度では、通勤や通学の途中に散歩がてら少し遊んだだけですぐにモバイルバッテリーが必要になるわけだ。実際、モバイルバッテリーはこの状況に対していちばん安心して利用できる解決法と言える。とはいえ「ポケモンGO」をとことん遊び尽くすとなると、モバイルバッテリーだけでは不安になることもあるだろう。
 
 さらにヘビーモバイラーなら、外出先で利用するUSB充電対応の機器も多い。USB給電の手段はいくらでもあるに越したことはない。
 
■ソーラー発電で「ポケモンGO」を無限プレイできるか
 そこで考えたのが、移動中のソーラー発電だ。スマホや携帯電話のソーラー発電というと、昔の発電量が少ない周辺機器を想像するかもしれない。だが、近年ではスマホ向けの大型かつ実用的な出力のソーラー発電器が増えており、価格も安くなりつつある。
 
 そこで今回はAnkerの「PowerPort Solar」を使って、ソーラー発電の実力を確かめてみた。
 
PowerPort Solar(21W 2ポート USBソーラーチャージャー)
メーカー
Anker
出力
最大3A(2ポート)
サイズ
670×282×5mm
重量
約417g
実売価格
6000円前後
■晴れた日は5V/2A近い発電量! 「ポケモンGO」も快適に遊べる
 さっそく、晴れ渡った14時前後の河川敷で発電性能をチェック。炎天下のなか「PowerPort Solar」を河川敷にそのまま置いて「iPhone 6s」を充電したころ、iPhone 6sの標準充電電力と同じ5V/1A前後で充電できた。
 
 とはいえ「PowerPort Solar」の最大出力は2ポート合計で5V/3Aだ。炎天下での性能はこんなものではないはず。
 
 そこで、入力5V/2Aのモバイルバッテリーを2台接続して最大の発電性能を確認できるようにセッティングした。さらに、ソーラーパネルを太陽の方向に向けるなど、角度を変えて太陽からの照度と発電量を計測している。結果が以下のとおりだ。
 
 
正面方向
斜め方向
逆方向
照度
110000lx
54000lx
8500lx
発電量合計
4.8V/1.9A前後
4.8V/1.6A前後
5V/0.08A前後
 「PowerPort Solar」を太陽方向に向けると出力が向上し、合計4.84V/1.93A前後と、ほぼ5V/2Aに近い発電量で動作した。照度も110000lxとかなり高い。これだけの電力があれば、数時間でスマホはもちろん5000mAhクラスのモバイルバッテリーもかなり充電できる。
 
 太陽と斜めの状態だと照度は55000lxに落ちるが、それでも4.84V/1.68Aとスマホやモバイルバッテリーを充電するのには十分な発電量を確認できた。
 
 一方、太陽と逆方向に向けるとまったく発電しない。発電量も5V/0.08Aで「PowerPort Solar」の動作も不安定になり、実質動いていないといっていい。パネルが影に入るとほぼ充電できないと見て良さそうだ。
 
■実際に1時間で発電できる電力量をチェック
 実際に「PowerPort Solar」をリュックに装着した状態で「ポケモンGO」を遊びながら1時間でどれだけの電力を発電できるのかをチェックした。USB端子に「ポケモンGO」を起動したiPhone 6sとモバイルバッテリーを装着し、USBの電力チェッカーで発電量を記録する。
 
 テストを開始したところ、ひんぱんにiPhone 6sの充電開始と停止が繰り返された。理由は、天候や周囲の建物、太陽への向きで発電電力にムラが生じるうえ、iPhone 6sは一定の発電量を下回ると充電を打ち切るからだ。発電環境が一定なら問題ないが、ランダムに歩いているとそうはいかない。
 
 1時間後の発電量だが、モバイルバッテリーは発電ムラがあっても継続して充電が続くようで、2891Whぶんの発電電力を供給できていた。一方「ポケモンGO」を起動したiPhone 6sは何度も充電の停止と開始を繰り返したためか、チェッカーの計測が途中で停止していた。
 
 だが、iPhone 6sのバッテリー残量を確認すると、計測開始時から増減を繰り返して結果的に差し引き0%になっていた。このことから、冒頭でテストした「ポケモンGO」を1時間遊んだ場合の消費電力テストと照らし合わせると、内蔵バッテリー30%ぶんの電力が供給されていたことがわかる。
 
 このWhやiPhone 6sの残量という表記では発電量を理解しづらいので、バッテリー容量とおなじmAh表記でおおまかに以下の表にまとめた。なお、実際には発電量と比べてバッテリーに充電できる量は若干少なくなる。表の数値は目安として見て欲しい。
 
 晴れた夏の日に広い場所を1時間歩くと、バッテリー容量に換算しておよそ1295mAhぶん発電できることがわかる。USBの出力電力で言えば、1時間のあいだ平均5V/1Aを供給できていたことになる。日中に2~3時間発電し続ければ、スマホ1~2台ぶんの電力はまかなえる電力量だ。
 
 なお、今回のテストでは光量が不安定な状態でソーラーパネルとスマホを直接充電すると、充電通知が何度も鳴ってめんどうなことに加えて、内蔵バッテリーの充放電の繰り返しによりバッテリー寿命を縮める可能性が見られた。通常は、ソーラーパネルとモバイルバッテリーの組み合わせて利用したほうが使いやすいだろう。
 
 このテストで充電したモバイルバッテリーで実際にiPhone 6sを充電したところ、32%(3.7V/548mAh)ぶん充電できた。電力ロスが発生しているが、発電電力を長期間保存できるメリットを考えると許容できる範囲だろう。
 
■街中や曇りの日にソーラー充電の常用は難しい
 次に、晴れた日の市街地や曇りの日でも発電を試してみた。だが、市街地ではビルや建物、木陰が太陽の光を遮るのでほぼ発電できなかった。曇りの日も市街地と同様に太陽直射日光を得られず、発電自体ができなかった。太陽の直射日光を受けられない場所や天候では、発電できないと考えて良さそうだ。
 
■結論:晴れた日のアウトドア、災害対策にソーラー充電は有用
 ソーラー発電機器の「PowerPort Solar」だが、晴れた日なら「ポケモンGO」をバッテリー消費なしに遊びつつ、モバイルバッテリーの充電もできた。だが、昼間の太陽の照度は夏場は100000lxに達するが、これから迎える冬場は50000lx前後なので発電量は下がる。
 
 利用用途として相性が良いのは、泊まりがけの登山やキャンプ、サイクリングなどのアウトドア用途だ。数日のあいだ電源をとれない場所での宿泊を考えているなら、移動中から緊急時も含めた貴重な発電手段になる。
 
 自宅の災害時の避難袋に入れておくのもアリだ。スマホぶんとはいえ、特別な燃料や人力なしに発電できると助かることも多いだろう。このクラスのソーラー発電機は低価格な製品も増えてきた。遊べるガジェットとしても、緊急時の発電手段としても、自宅に1~2個を用意しておくと買っておくと安心ではないだろうか。
 
■ソーラーパネルと組み合わせたい防水モバイルバッテリー
 ソーラーパネルで発電した電力は、モバイルバッテリーに充電したほうが安心かつ便利に利用できる。とはいえ、アウトドアでの利用で気になるのは急な大雨などによる浸水だ。スマホが防水でも、モバイルバッテリーが故障しては意味が無い。そこで、手に入りやすくオススメの防水モバイルバッテリーを紹介する。
 
 TUNEWEARの「TUNEMAX RUGGEDPOWER 9000」は、1m上から落下しても大丈夫な耐衝撃性能や、水深1mの場所に30分間浸漬しても問題ない防水性能を持つ。LEDライトも搭載。コンパス付きカラビナが付属するので、アウトドアのアイテムに装着しやすい。
 
TUNEMAX RUGGEDPOWER 9000
メーカー
TUNEWEAR
容量
9000mAh
出力
5V/2.1A
入力
5V/1.5A
防水
IPX7
防塵
IP6X
耐衝撃

サイズ
101×64×28mm
重量
約234g
実売価格
5800円前後
 cheeroの「Tough 9000mAh」は、防水防塵に加えてシリコンラバーによる耐衝撃性能も持つ。出力2.1A/入力2Aとモバイルバッテリーとしての性能も高い。LEDライト搭載に加えて、カラビナも通せる大型のストラップホールを搭載する。
 
Tough 9000mAh
メーカー
cheero
容量
9000mAh
出力
5V/2.1A
入力
5V/2A
防水
IPX6
防塵
IP6X
耐衝撃

サイズ
93×74×28mm
重量
約240g
実売価格
3600円前後
■災害発生時に役立つ特殊発電機&バッテリー
 モバイルバッテリーはアウトドアや災害時に便利なアイテムだが、長期間充電できない環境が続くといずれ利用できなくなってしまう。そこで、アウトドアや災害時でも便利なソーラー発電以外のアイテムも紹介しておこう。
 
 ソニーの「ICF-B99」はAM/FMラジオとLEDライト機能に加えて、内蔵バッテリーや単3電池からのUSB充電に対応。さらに、手回しやソーラー発電で内蔵バッテリーを充電できる。スマホを満充電するのは難しいが、ラジオでの利用や緊急時に短時間でもスマホを使いたい時に助かる。
 
ICF-B99
メーカー
ソニー
サイズ
132×79×58mm
重量
約385g
実売価格
7950円前後
 BioLiteの「キャンプストーブ」は、たき火で発生した熱をもとに発電し、電動ファンでたき火の燃焼効率を上げつつ、USB端子から電力を出力できる。出力はUSB出力で最大5V/0.8A(4W)、持続可能な出力として5V/0.4A(2W)だ。暖をとりつつスマホを充電できるのは便利。
 
キャンプストーブ
メーカー
BioLite
バッテリー
650mAh(3.7V)
持続可能出力
5V/0.4A(2W)※USB
最大出力
5V/0.8A(4W)※USB
サイズ
120×120×210mm
重量
約947g
実売価格
1万7300円前後
 古河電池の「MgBOX slim」は、水などの水分をマグネシウムと反応させて発生したエネルギーで最大5日間放電できるマグネシウム空気電池。USB端子からスマホ20台ぶんを充電できる。災害用途を想定しており、5年間の長期利用保証もついている。いざというときのために自宅や職場にひとつあると助かるアイテムだ。
 
MgBOX slim
古河電池
BioLite
発電時間
最大5日間
最大発電量
200Wh
サイズ
210×110×220mm
重量
約1kg(注水前)
実売価格
1万5500円前後
文● 島徹 編集●南田ゴウ

最終更新:9月22日(木)11時8分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]