ここから本文です

トト・ヴォルフ、F1新オーナーの賞金分配計画を心配せず

TopNews 9月22日(木)13時6分配信

メルセデスのチーム代表トト・ヴォルフは、新F1オーナー、リバティ・メディアの賞金分配方法変更の計画について心配していないと語った。

●F1は1週間のイベントに?新F1オーナー「はるかに大きく」することを計画

ザウバーとフォース・インディアの2チームは2015年9月に、F1の意思決定システムや収益分配システムは違法だとして欧州委員会に正式に申し立てを行っていた。そして現在欧州委員会の競争法専門家たちがその申し立てに基づいて調査を行っている。そして、新F1会長に就任したチェイス・キャリーは、現在の取り決めが変更されることを示唆している。

これに対してヴォルフは、次のようにAPA通信社に語っていた。

「大小チーム間の適切なバランスを見つけるために試す必要がある」

「しかし、我々は完全に異なるタスクを持っているんだ。メジャーチームは背後に大きな会社の存在があり、一方で、プライベートチームは裕福なビジネスマンの趣味だ。だから誰にとっても同じ条件を作成することは困難だ」

「それが良いか悪いか知らないが、私たちは心配していないよ」

ヴォルフは、少しならすぐに変更することができると語り、そして次のように続けた。

「2020年までは安泰だ。我々は2020年までチャンピオンシップに参加するとバーニー・エクレストンとFIAとの間に協定を締結している。F1の所有権変更は影響しない。2020年に我々は再び全てを分析して、決断を下すだろう」

最終更新:9月22日(木)13時6分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。