ここから本文です

泥湯で有名な関子嶺、日本の温泉風景を演出=24日からグルメフェス/台湾

中央社フォーカス台湾 9/22(木) 12:46配信

(台北 22日 中央社)世界有数の泥湯温泉として知られる南部・台南市の関子嶺温泉で24日から、観光イベント「2016台南関子嶺温泉グルメフェスティバル」(美食節)が開催される。来月23日までの期間中は浴衣体験やちょうちん飾りなどで日本の温泉の雰囲気を演出。同市観光旅遊局は、五感を使って温泉旅行を楽しんでもらえればと来訪を呼び掛けている。

イベントの記者会見は20日、同市内で行われ、頼清徳市長や顔純左副市長、王時思観光旅遊局長、張隆城・交通部観光局シラヤ国家風景区管理処長などが出席。頼市長は、関子嶺温泉は台湾全土で最も長い歴史を誇る温泉地で、質も良く、世界三大泥湯温泉の一つであると紹介し、魅力をPRした。

開幕日の24日夜は、パレードを温泉区一帯で実施。地元の守護神である不動明王(火王爺)をモチーフに製作した高さ3メートルのランタンをメーンに、地元住民や業者、観光客らが参加し、幕開けを盛り上げる。

イベント期間中の週末には、浴衣の無料体験や絵馬の絵付け、日本風焼き餅の手作り体験、地元農産品の販売などを行う野外マーケットを開催。このほか、提携旅館の宿泊客が参加可能な浴衣ファッションショー、プロジェクションマッピング技術を用いた3Dライトショーなども実施される。

また、一部のレストランや温泉旅館では、日本酒に合うように開発された特色ある温泉料理を提供する。

(編集:名切千絵)

最終更新:9/22(木) 12:46

中央社フォーカス台湾