ここから本文です

久保ミツロウの熱烈オファー実る!DEAN FUJIOKA、スケートアニメにOP曲提供

音楽ナタリー 9月22日(木)4時0分配信

10月5日(水)深夜よりテレビ朝日系で放送されるアニメ「ユーリ!!! on ICE」のオープニングテーマを、DEAN FUJIOKAが担当することが明らかになった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ユーリ!!! on ICE」は、「モテキ」「アゲイン!!」で知られるマンガ家の久保ミツロウと、アニメ「LUPIN the Third -峰不二子という女-」「ミチコとハッチン」などを手がけてきたアニメ監督の山本沙代が原案を手がけるフィギュアスケートアニメ。久保はネーム、キャラクター原案を担当し、山本は監督およびシリーズ構成を務める。

DEAN FUJIOKAは久保ミツロウの熱烈なオファーを受けて、オープニングテーマを担当することが決定。彼は「原案の久保ミツロウさん、監督の山本沙代さん、そしてこのプロジェクトに関わった全員が、それぞれの限界に挑戦するアニメ制作過程のエピソードからも楽曲のインスピレーションをいただきました」と述べている。なお彼が作詞作曲も手がけた「History Maker」はアニメサイトおよびYouTubeで公開中の映像で聴けるほか、10月7日より配信もスタートする。

DEAN FUJIOKA コメント
この曲“History Maker”は、勇気を持って日々限界に挑戦するあなたに捧げる応援歌です。
厳しい競争の中でチャレンジし続けるアスリートの方々はもちろん、それぞれの立場で新しい歴史の1ページを作る挑戦をしている方々への応援歌。そして自分もネクストレベルを目指し努力し続ける“History Maker”でありたいという思いも込めてレコーディングを行いました。
「ユーリ!!! on ICE」の主人公勇利の視点、勇利を導くヴィクトルの視点、そして皆で歴史を作っていくんだ、というより普遍的で広い視点。それぞれの視点が絡み合った構成にメッセージを込めています。
原案の久保ミツロウさん、監督の山本沙代さん、そしてこのプロジェクトに関わった全員が、それぞれの限界に挑戦するアニメ制作過程のエピソードからも楽曲のインスピレーションをいただきました。
今回楽曲制作ではジャカルタから盟友Dj Sumoが急遽来日参戦し、もともと英語の詞ということもあり楽曲自身が自然と国際的な色彩を帯びていきました。日本国内だけではなく世界のどこにいてもこのアニメの魅力が人々の心に深く届くことを願っています。

久保ミツロウ コメント
ディーンさんの所へアニメの音楽制作の方と直接説明に伺った際、その場で作品内容を汲み取り作曲が始まるという展開の早さに震えました! 英語の作詞と心に残る歌声がこのアニメを通して世界中の人を鼓舞するような気がしてなりません。

山本沙代 コメント
ディーンさんから上がってきたデモを初めて聴いた時 、トキメキと熱い気持ちが湧き上がり走り出したい気持ちになりました。「ユーリ!!! on ICE」を観た方に感じて欲しいと思っていた全てがこの曲に込められているように思います。
さあ我々も"born to make history"…!!!

最終更新:9月22日(木)4時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。