ここから本文です

広島・黒田 引退・倉との“黄金バッテリー復活”熱望

東スポWeb 9/22(木) 8:22配信

 最後のバッテリー実現なるか。広島・黒田博樹投手(41)が21日、マツダスタジアムで全体練習に参加し、引退を発表した捕手で二軍バッテリーコーチ兼任の倉義和(41)へ惜別エールを送った。

 前日20日に引退発表した倉と広瀬純外野手(37)からは電話で連絡があったという男気右腕は「どちらも年下。そういう選手がユニホームを脱ぐのは寂しい」と漏らした。特に倉との思い出は数え切れない。同じ1975年生まれながら、早生まれの黒田が1学年上。05年の春季キャンプでは“慣らし”をしていない新品のミットを使ってミスを連発した倉に「投手に失礼」と激高したこともある。

「何度も部屋に謝りに来た。謝らんでもいいのやけどね」と冗談交じりに回顧した黒田は「あの時は西山さん、瀬戸さんが抜けて最初のキャンプ。引っ張らないといけない立場になったのでね」と期待の裏返しだったことを明かした。

 シーズンに入ってから抜群の相性を発揮し、倉は“専属捕手”とまで呼ばれた。しかし広島復帰後、いまだコンビ復活は果たせていない。

 黒田が先発予定の25日のヤクルト戦(マツダ)では倉らの引退セレモニーが行われる。「最後の試合になる。いい形で送り出せてあげられればいい」と黒田。久々の黄金コンビ復活となれば、これ以上ない“花道”となる。

最終更新:9/22(木) 8:22

東スポWeb