ここから本文です

HiGH&LOW海外進出 TAKAHIRO感謝「期待されてありがたい」

デイリースポーツ 9月22日(木)6時0分配信

 EXILE・TAKAHIRO(31)、三代目J Soul Brothers・登坂広臣(29)、俳優・斎藤工(35)が21日、都内で、トリプル主演映画「HiGH&LOW THE RED RAIN」(10月8日公開)の完成披露あいさつを行った。29日に台湾でインターナショナルプレミアを開催することを発表。TAKAHIROは「身が引き締まる思い」と視線を世界へ向けた。

 昨秋の連続ドラマを皮切りにスタートしたエンターテインメントプロジェクト「HiGH&LOW」が、劇場版第2弾「-THE RED RAIN」の公開直前に、本格的な世界進出を果たすことになった。

 29日に台湾でのインターナショナルプレミアが決定。TAKAHIROと登坂が参加する。日本では7月に公開され、興行収入20億円を記録した前作「-THE MOVIE」とセットで、海外での初上映を迎える。

 TAKAHIROが「HIROさんを筆頭にみんなで作り上げたモノが、国境を越え期待されてありがたい」と胸を高鳴らせれば、登坂は「海外にいる僕たちを知らない方にも見ていただけたら」と熱望。企画プロデュースを手掛けるEXILE・HIRO(47)は「このプロジェクトが世界に誇れるようなエンターテインメントになるまで、チーム一丸で頑張ります」と力強く宣言した。

 TAKAHIRO、登坂との3兄弟役でシリーズ新加入の斎藤は「誰もがこの2人に挟まれたい場所に、長男の特権で立ってます。すごいいいニオイ」とちゃめっ気たっぷり。HIROが「2人の長男なので、相当かっこよくて、存在感ある方がいいんじゃないかと、斎藤さんにお願いしました」と起用理由を説明すると、「今の話のプレッシャーに押しつぶされそうです」と照れ笑い。3人でグループLINEを作ったことも明かして、“兄弟の絆”をアピールしていた。

最終更新:9月22日(木)7時23分

デイリースポーツ