ここから本文です

<天海祐希>「ファンに顔向けできないことはしない」 梅酢がマイブーム

毎日キレイ 9/22(木) 18:00配信

 女優の天海祐希さんが、10月13日から放送される主演連続ドラマ「Chef(シェフ)~三ツ星の給食~」(フジテレビ系、木曜午後10時)で、天才シェフ役を演じる。刑事や弁護士、キャスター、教師などさまざまな職業を演じてきたが、シェフ役は今回が初挑戦。台本を読んで「また一つ、自分を成長させる宝物が増えていくだろうと思いました」と期待に胸をふくらませている天海さんに、ドラマへの意気込みや自身のこだわりについて聞いた。

【写真特集】天海祐希がかっこいい! すらりとした全身ショット

 ◇三ツ星シェフ役は「大きな世界、奇想天外!」

 天海さんが演じるのは、予約は3年待ちという三ツ星レストランで腕を振るっていた天才シェフ・星野光子。ある日、店のオーナーとトラブルを起こしてクビになり、テレビ番組の企画で学校給食を作ることになる……というストーリー。

 三ツ星を持つ女性シェフは、実際は世界に1人しかいないという貴重な存在で、天海さんは「大きな世界に入っていく。でも奇想天外なことをやるなら(スケールは)大きい方がいい!」と気合い十分だ。

 光子には「小さなこだわりがたくさんある。だからこそ、そこ(三ツ星女性シェフの地位)まで行けたんじゃないか」と考え、「修業でできることってある程度まで。個人が持っている味覚やアイデアもある。あとは、自分がどこまでこだわっていくか。その小さなこだわりが、(特別な存在となるための)距離を持っていく。厳しい世界だと思います」と料理人の世界に思いをはせる。

 その上で「すごく真面目に演じることで面白いお話になったら。一生懸命取り組むがゆえに、ちょっとクスッと笑えるといいな。『こんなことないじゃん!』と思って笑っていただきたい」と意気込みを語った。

 ◇ファンに顔向けできないことはしない

 自身の性格を「いろんなことを引きずらないかな。バッと怒って、バッと(怒りが)なくなる。いい意味でも悪い意味でも、あんまりこだわらないんじゃないですかね」と分析する天海さん。さまざまな役柄を演じてきたが「役から自分が影響を受けるわけではない。とりあえず現場には、本人が行けばいいというくらい」と振り返る。

1/2ページ

最終更新:9/22(木) 23:26

毎日キレイ