ここから本文です

三条通りに外貨両替機 奈良県内初、屋外24時

産経新聞 9月22日(木)7時55分配信

 増加する外国人観光客のニーズに応えようと、奈良市の三条通りに24時間利用できる外貨両替機が設置された。屋外に24時間利用可能な外貨両替機が設置されたのは県内初といい、関係者は「観光客に奈良のおもてなしとして喜んでもらえれば」と期待している。

 外貨両替機「スマートエクスチェンジ」は三条通りのコミュニティー施設「Si-Ro三条」前に設置。米ドルやポンド、ユーロなどのほか人民元、ウォン、タイのバーツやマレーシアのリンギットなど、東南アジアも含め12の通貨を両替できる。

 タッチ式の操作パネルは、日英中韓の4カ国語表示。パスポートなども不要で、紙幣を入れてレートを確認後、すぐに日本円に両替される。

 三条通りショッピングモールの松山和央理事長によると、外国人観光客から「銀行はすぐに閉まるし、両替機がないので不便」という声が以前からあったという。28日には春日大社の国宝殿前にも設置される予定といい、松山理事長は「両替機に付随したサービスも展開し、外国人観光客をおもてなししたい」と話していた。

最終更新:9月22日(木)7時55分

産経新聞