ここから本文です

「相棒」新作は2017年2月公開、特報に北村一輝や及川光博の姿も

映画ナタリー 9/22(木) 5:00配信

「相棒-劇場版IV-」の封切りが、2017年2月11日に決定。YouTubeにて特報映像も公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この映画は、水谷豊演じる主人公・杉下右京と、彼のもとに送り込まれる“相棒”の活躍を描く刑事ドラマ「相棒」シリーズの劇場版最新作。寺脇康文、及川光博、成宮寛貴に続き、ドラマ「相棒 season14」より4代目相棒として反町隆史が出演している。

今回公開された特報映像の中では、本作のゲスト出演者が明らかに。国際犯罪組織の主要メンバー“黒衣の男”役に北村一輝が、10歳のときに誘拐され行方不明となっていた少女・鷺沢瑛里佳に「くちびるに歌を」の山口まゆが扮し、国連犯罪情報事務局の元理事であるマーク・リュウを鹿賀丈史が演じている。さらにシリーズの映画作品には4本目の出演となる2代目相棒こと神戸尊役の及川、甲斐峯秋役の石坂浩二、社美彌子役の仲間由紀恵といった相棒ファミリーも参加した。

このたびゲスト出演者からコメントが到着。北村は、「水谷さんは子どもの頃のヒーローです。共演できたことがすごく嬉しかったですし、初心に返り、俳優に憧れていた時の自分が思い出されました」と感想を述べている。

なお10月12日からは、ドラマ「相棒 season15」の放送がスタートする。

北村一輝 コメント
今回お話を頂いた役所に魅力を感じ、彼なりの正義にも共感を待てました。 彼の生き方を伝えようと、力まず自然に撮影に臨めました。そして、何と言っても僕は“水谷豊”さんのドラマで育っている世代ですから、水谷さんは子どもの頃のヒーローです。共演できたことがすごく嬉しかったですし、初心に返り、俳優に憧れていた時の自分が思い出されました。
誰もが知る「相棒」という重厚な作品に恥じぬよう、胸を張れるような作品となるように、ゲストとしていい化学変化を起こせればと思います。

山口まゆ コメント
「相棒」は水谷豊さんやあのテーマ曲がすぐに思い浮かぶ有名な作品だったので、そこに参加するかと思うと楽しみでもありましたがとても緊張していました。
“相棒”のお二人は、緊張している私にとても優しくて、空いている時間にいろいろお話をして下さって嬉しかったです。撮影でも一つ一つのシーンで本当に学べることがたくさんありました。
瑛里佳は、今までに無かった強い意志を持った女の子の役柄で、しかも初挑戦のことばかりでした。現場では緊張と不安でいっぱいでしたが、相棒チームのみなさんが温かく迎えて下さったので、自分なりに精一杯頑張りました。

鹿賀丈史 コメント
「相棒」はテレビシリーズを見ていまして、本格的でいて地に足のついた撮り方をする面白いドラマだと思っていました。出演が決まった時は、あの「相棒」にでるのか、というのが正直な気持ちでしたね。
もともとある作品の味を生かしながら、自分の存在を出していければと思いますし、とてもチームワークの取れた作品ですので、その中で自分がどういう風に溶け込んでいるのか仕上がりが楽しみです。非常にテーマも深くて、それでかつ面白くてなかなか完成度の高い映画になると思います。ぜひ楽しみに劇場に足を運んでいただきたいですね。



(c)2017「相棒-劇場版IV-」パートナーズ

最終更新:9/22(木) 5:00

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]