ここから本文です

米12月利上げの公算大きい=BNPパリバ

ロイター 9月22日(木)5時58分配信

[ニューヨーク 21日 ロイター] - BNPパリバは米連邦準備理事会(FRB)が21日まで開催した連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を受け、FRBは12月のFOMCで利上げに踏み切るとの見方を示した。

BNPパリバのエコノミストはリサーチノートで「FRBは12月利上げに向け体勢を整えているように見える。現時点ではこうした結果になる確率が高いと見ている」とした。

一方バークレイズのエコノミストは、今回のFOMCで意見が割れたことを踏まえると、FRBは市場で出ている12月利上げ観測を維持するのに苦労する可能性があるとの見方を示した。

プライマリーディーラー(米政府証券公認ディーラー)23社のなかで、BNPパリバとバークレイズだけがFRBが今回のFOMCで利上げに踏み切ると予想していた。

最終更新:9月22日(木)6時5分

ロイター