ここから本文です

長谷川博己、推理サスペンス初主演! 原作に忠実「一の悲劇」

サンケイスポーツ 9月22日(木)7時0分配信

 俳優の長谷川博己(39)が推理サスペンスに初主演する「誘拐ミステリー超傑作 法月綸太郎 一の悲劇」(23日後9・0、フジテレビ系)。

 原作者の法月(のりづき)綸太郎氏が、1991年に発表した誘拐ミステリーで、初のテレビドラマ化となる。

 物語は、身代金目的の誘拐事件が発生するところから始まる。ところが、身代金要求の脅迫は誘拐された子供の家にではなく、その同級生の父親に向けられていた。連れ去るべき子供を間違えた悲劇的な誤認誘拐。結局、身代金の受け渡しは失敗し、少年は無残な姿で発見される。なぜ誤認は起きたのか。犯人は誰なのか。やがて浮上した容疑者は推理作家の法月綸太郎(長谷川)と一緒にいた…。

 台本を読んだ長谷川は、まず「原作のトリックは携帯のない時代の作品だったので、どのようにアレンジするのだろうと思った。それが複雑な現代のトリックを生かし、より濃密にまとめられ素晴らしいと思った」と感心する。

 演じる綸太郎については「洞察力がすごくて頭脳明晰。ある種の天才だが、普段はひょうひょうとした人物で、得体が知れない。でも、そのとらえどころのない不思議な感じが、彼の魅力。複雑な家庭環境という背景もあって、人間として深みがある。いつのまにか会話にまじっていたりして、人の懐に入り込むのも上手な人」と分析する。

 舞台は現代だが、レトロな魅力もある作風。衣装や小道具などにもこだわっているという。「法月作品の初映像化だが、原作を大切に制作されているので、原作ファンの人にも楽しんでいただける」と長谷川は強調した。

 複雑に絡み合う人間関係、それぞれが抱える秘密、終始張りつめられた緊張感、二転三転し明らかにされるトリック。話題の大ヒット映画「シン・ゴジラ」や、ブームを巻き起こした月9ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」などで自在に演じてきた実力派、長谷川がどう挑んでくるのか。綸太郎は容疑者のアリバイ工作に利用されてしまい、壮大な誘拐ミステリーに巻き込まれることになる。

 出演は伊原剛志、富田靖子、矢田亜希子、モロ師岡、渡辺えり、奥田瑛二ら。

最終更新:9月22日(木)7時0分

サンケイスポーツ