ここから本文です

リオでパンツ一丁になったモンゴルのコーチ、3年間の資格停止処分

AFP=時事 9月22日(木)10時32分配信

【AFP=時事】世界レスリング連合(UWW)は21日、リオデジャネイロ五輪のレスリング男子で、判定を不服として服を脱いでパンツ一丁になったモンゴルのコーチ2人に対し、3年間の資格停止処分を科した。

【写真】そこまで脱ぐ?抗議も実らず(その他全19枚)

 UWWはツイッター(Twitter)上で、ツェレンバータル・ツォグバヤル(Tserenbaatar Tsogbayar)氏とバイヤンバレンチン・バヤラ(Byambarenchin Bayaraa)氏を3年間の資格停止処分とし、モンゴルレスリング協会(MWF)に5万スイスフラン(約515万円)の罰金を科すと発表した。

 今回処分を科された両コーチは、先月のリオ五輪で指導に当たっていたガンゾリグ・マンダフナラン(Ganzorig Mandakhnaran、モンゴル)が、ペナルティーを受けて銅メダル獲得を逃したことについて激怒し、マット上を混沌(こんとん)とした状況に変えた。

 ガンゾリグは試合終了間際、逃げ回りながら相手を挑発する行為に及んだことが反則と判定され相手選手にポイントを献上。結果、イフティヨル・ナブルゾフ(Ikhtiyor Navruzov、ウズベキスタン)がフリースタイル65キロ級の銅メダルを獲得していた。

 モンゴルのコーチ2人は着ていた服を脱ぎ捨て上半身裸になると、そのうち一人は下着姿になり、その後警備員によって退場させられていた。

 試合直後に怒りを見せていたバイヤンバレンチンコーチは、「ガンゾリグは7-6で勝っていたのに、あの判定で負けた。あんなペナルティーポイントが与えられたのはレスリング史上で初めての出来事だ」と語っていた。

 一方、ガンゾリグはUWWからの処分を免れた。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:9月22日(木)14時34分

AFP=時事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]