ここから本文です

レヴァンドフスキ、バイエルンとの契約延長にサインで年俸17億円に?本人は将来について「まだ何も言えない」

GOAL 9月22日(木)16時40分配信

バイエルン・ミュンヘンに所属するFWロベルト・レヴァンドフスキは、クラブの契約延長オファーを受け入れることになるようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じた。

レヴァンドフスキはここ数シーズン、移籍マーケットが開くたびに移籍がうわさされている。今夏もレアル・マドリーへの移籍へ近づいていると伝えられていたが、結局残留へと落ち着いた。バイエルンはそういった雑音をシャットアウトするため、2019年まで残っている契約を2021年まで延長しようと動いている模様。延長した際には、現在バイエルンでトップの給与を受け取っているトーマス・ミュラーの年俸1500万ユーロ(約17億円)と同額になると伝えられている。

21日に行われたヘルタ・ベルリン戦後、ミックスゾーンで記者の取材に応えたレヴァンドフスキは自身の将来について以下のようにコメントした。

「まだ何も言えないよ。今日は試合に集中していたし、これから何が起こるかなんてわからない。言っているのは、いつか解決策は見つかるだろうが、すぐにではないということだ。決断には時間が必要だ。シーズンはすでに始まっているし、簡単ではないよ」

一方で、バイエルンとの契約がまだ残っていることに「喜びを感じている」と話しており、今後について具体的な言及は避けた。近い将来、レヴァンドフスキがどのような決断をするのか注目が集まるところだ。

GOAL

最終更新:9月22日(木)16時41分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]