ここから本文です

<間欠泉>噴出止まる、天然記念物に石 道警が捜査 北海道

毎日新聞 9月22日(木)9時19分配信

 世界自然遺産で知られる北海道・知床半島の羅臼町にある道指定天然記念物「羅臼の間欠泉」の噴き出し口に石が詰められていたことが分かり、道警中標津署は21日、器物損壊事件として捜査を始めたと発表した。間欠泉は1962年、温泉ボーリング中に噴出したもので、鋼管(直径10.5センチ)の先が噴き出し口になっている。同署の調べでは、口の部分から約1メートル奥に石が1個挟まっており、何者かが故意に石を入れた疑いがある。

 町教委などによると、間欠泉はほぼ55分ごとに約2分間、7~8メートルの高さまで噴き上がるが、13日午前8時38分には高さが1メートルに達せず、それ以降は間隔も不規則になった。その約3時間前は正常だったといい、石はこの間に入れられたらしい。熱湯が噴き出して危険なため、石の除去は難航している。【本間浩昭】

最終更新:9月22日(木)10時10分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。