ここから本文です

新たな流出ファイル「バハマ・リークス」

朝日新聞デジタル 9月22日(木)3時13分配信

 タックスヘイブン(租税回避地)の法人に関する大量の電子ファイルが新たに流出し、世界各国の記者たちの手に渡った。バハマの法人情報に関する報道プロジェクトをICIJは「バハマ・リークス」と名付けた。

 今年7月1日、「新たなリーク」と題するICIJからのメッセージが、パナマ文書の取材・報道で提携する各国の記者たちに送られてきた。南ドイツ新聞の記者が「漏洩(ろうえい)されたデータのセット」を受け取った、と伝える内容だった。

 8月上旬、朝日新聞などICIJと提携する各国の報道機関の記者が17万5千余の法人の情報にアクセスできるようになった。9月5日には、ファイルに名前のある関係者への直接取材を各国で一斉に開始した。

朝日新聞社

最終更新:9月22日(木)3時13分

朝日新聞デジタル