ここから本文です

料理できない嫁・上野樹里に怒り? 姑・平野レミが見せた「毒」

東スポWeb 9/22(木) 10:53配信

 嫁姑関係が良好と伝わっていた女優の上野樹里(30)と料理研究家・平野レミ(69)に、不仲説がささやかれている。

 上野が今年5月、平野の長男のロックバンド「TRICERATOPS(トライセラトップス)」のボーカル和田唱(40)と結婚したことでスタートした嫁姑関係。

「平野はよく仕事の現場にも和田を連れて来て、『私がお嫁さんを探してあげるからね』が口ぐせだったそうです。料理のできる気立てのいい女性を必死になって探していた」(事情通)

 ところが、そんな平野の嫁像は砕け散ってしまったという。

「和田が突然『結婚する!』と言って連れて来た上野を見た平野は、驚くやら、あきれるやら、悔しいやらで爆発寸前だったそうですよ」(芸能プロ関係者)

 上野は料理が大の苦手だったからだ。

「平野のモットーは『母親は手料理で子供を育てること』。なのに連れて来たのは料理もできない、主演級の座から落ちた女優。息子をだまし取られたという思いがあるようです」(同)

 8月のイベントで平野は「友達のように付き合っている」と良好な嫁姑関係を語ったが、最近は真実をのぞかせている。

「『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に出演した際、平野は『樹里ちゃんのこと、名前も知らなかった。結婚するときも息子が“お母さんに言っても知らないからいいよ”って言われた』と。しかも、その後の上野とのやりとりまで『知らなくてごめんなさいねと謝ったら、私もレミさんのこと知りませんでしたからって』と明かしたのだ。スタジオは一瞬で凍りつき、収録後、平野に放送してもいいか確認すると喜々とした表情で『大丈夫』と答えた。こりゃ、上野も大変だなと思いましたね」(制作関係者)

 平野は別番組で上野の第一印象について「変わっているといわれているけど、何も変わってない普通の子」と平然と話した。その表情や話しぶりについて関係者は「上野を女優として認めていない。毒を感じましたね」とみている。

最終更新:9/22(木) 10:57

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]