ここから本文です

シメオネ、バルサ相手のドローに満足 「後半に本来の姿を取り戻した」

GOAL 9月22日(木)18時45分配信

21日に行われたリーガエスパニョーラ第5節、アトレティコはバルセロナに1-1と引き分けた。ディエゴ・シメオネ監督はドローに満足感を示している。

40分にバルセロナに先制されたアトレティコだが、61分に途中出場のFWアンヘル・コレアが一瞬の隙を突いて同点弾。敵地カンプ・ノウから勝ち点1を持ち帰った。

シメオネ監督は試合後、スペイン『モビスタルTV』で次のように話した。

「前半はバルセロナが圧倒的にポゼッションで上回っていた。それでも、決定機はほとんど許さなかった。我々はうまくカウンターを仕掛けることができなかった。後半は我々本来の激しさを取り戻し、良い対応を見せられた。引き分けは妥当な結果だ」

「シーズンは始まったばかり。どのチームもエンジンをかけている段階だ。我々は選手変更、異なるプレースタイルで成長を求める」

FWリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールは無得点に終わったが、シメオネ監督は常に失点の恐怖に苛まれていたようだ。

「鍵となったのは、後半からの変化だ。我々は逆襲の精神を示し、本来の姿を取り戻した。これこそがアトレティコだという姿をね」

「メッシ、スアレス、ネイマールは並外れた選手だ。彼らがボールを持つたびに、ゴールを陥れられるのではないかという不安がよぎる。今日はゴールがなかったけど、常に相手にそういった感覚を与える選手たちだ」

同点ゴールを決めたコレアには賛辞を送っている。

「彼は決定的となった。試合を解決してくれる選手だ。彼は(控えという)現状から脱し、先発で今のようなプレーを見せて一歩前進しなければいけない。そこに向け、我々とどもに働くことになる」

GOAL

最終更新:9月22日(木)18時46分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]