ここから本文です

マンチェスター勢がともに勝利、4回戦でダービー実現 EFL杯

AFP=時事 9月22日(木)11時13分配信

【AFP=時事】イングランド・フットボールリーグカップ(England Football League Cup 2016-17)は21日、3回戦の試合が各地で行われ、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)、前回王者マンチェスター・シティ(Manchester City)などが順当に突破した。

【写真】得点を喜ぶシティの選手(その他全10枚)

 公式戦3連敗中だったユナイテッドは、3-1でノーサンプトン・タウン(Northampton Town)を下し、ジョゼ・モウリーニョ(Jose Mourinho)監督にかかる重圧を少し減らした。ジョゼップ・グアルディオラ(Josep Guardiola)監督率いるシティは、2-1でスウォンジー・シティ(Swansea City)を退けた。

 その後行われた4回戦の組み合わせ抽選の結果、ユナイテッドとシティのダービーがカップ戦でも実現することが決まっている。

 ユナイテッドはマイケル・キャリック(Michael Carrick)、アンデル・エレーラ(Ander Herrera)、交代出場のマーカス・ラシュフォード(Marcus Rashford)がゴールを決め、待望の連敗脱出を果たした。

 モウリーニョ監督は、「順当な勝利だった。予想通り難しい試合になったが、前半の35分間、そして後半の45分間と、おおむね試合をコントロールできた。難しい試合だったが、総じて前向きな内容だった」とコメントした。

 一方、プレミアリーグ首位に立つシティは前半から押し気味に試合を進めると、迎えた後半4分、ガエル・クリシー(Gael Clichy)のシュートが相手に当たってコースが変わり、先制点を手に入れた。

 さらに後半23分には、アレイクス・ガルシア(Aleix Garcia Serrano)が貴重な先発の機会に結果を出し、ヘスス・ナバス(Jesus Navas)のマイナスの折り返しを流し込んで追加点。ロスタイムにギルフィ・シグルズソン(Gylfi Sigurdsson)に1点を返されたものの、そのまま逃げ切った。

 シティはこれで、グアルディオラ新体制は9戦全勝となった。しかし、太ももの手術から復帰し、今季初先発を果たした主将のヴィンセント・コンパニー(Vincent Kompany)が終了間際に再び負傷したとみられ、ピッチを離れている。

 グアルディオラ監督は、「医師たちが本人と話して状態を確認しているところだ。大きな問題でないことを願う。まずは医師の診断を待つ」とコメントした。

 トッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)は3部ジリンガム(Gillingham FC)に5-0で大勝した。クリスティアン・エリクセン(Christian Eriksen)が2得点、エリク・ラメラ(Erik Lamela)が1得点を挙げたほか、ジョシュア・オノマー(Josh Onomah)とフィンセント・ヤンセン(Vincent Janssen)がトップチーム初ゴールを決めた。トッテナムは次戦、リバプール(Liverpool FC)とのアウェーゲームを引き当てている。

 リーグ戦で調子の上がらないウェストハム(West Ham)は、この日も4部のアクリントン・スタンリー(Accrington Stanley FC)に苦戦を強いられたが、後半ロスタイム6分にディミトリ・パイェ(Dimitri Payet)の直接FKが決まり、なんとか1-0で競り勝った。4回戦ではチェルシーとの対戦が決まっている。

 この他、サウサンプトン(Southampton FC)、サンダーランド(Sunderland AFC)、ハル・シティ(Hull City)も16強入りを決めた。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:9月22日(木)11時13分

AFP=時事

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]