ここから本文です

大人げない? TOKIO山口が高校生カップルの純愛を全否定

日刊ゲンダイDIGITAL 9月22日(木)9時26分配信

 21日に放送された朝の情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)で、TOKIOの山口達也(44)が見せたそぶりが視聴者に大ウケだ。

 番組では、高校生の遠距離恋愛がテーマの映画「君の名は。」の大ヒットにちなみ、今どきの高校生カップルを特集。彼らの日常に密着し、その様子をVTRで放送した。視聴者がくぎ付けになったのは、駅前をデートする高校生カップルが、「死ぬまで一緒にいられたらいいな」と笑顔で語り合ったシーン。

 甘酸っぱいような、ほほ笑ましい場面だったが、右下のワイプ画面に映った山口は両目をつぶり、口は真一文字。かすかに体を揺らして笑いをかみ殺し、首を何度も横に振って、全力で否定していたのである。

 無理もない。山口は先月離婚を発表し、約8年間の結婚生活にピリオドを打ったばかり。ネット上では、そのことを思い出した視聴者から、<離婚したての山口達也さんが凄まじい顔で首を振っていたのが最高でした>と同情する声や、<おっさんのジェラシーは見苦しいぜ>といった意見が書き込まれた。

 VTR終了後には、山口が「あー! 恋愛の仕方が分からない!」と叫んでボケるシーンも。離婚直後という“大人の事情”があったとはいえ、高校生の純愛をイジった山口はちょっと大人げなかったか?

最終更新:9月22日(木)9時26分

日刊ゲンダイDIGITAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。