ここから本文です

JAL、イベリア航空の成田=マドリード線でコードシェア

レスポンス 9/22(木) 14:00配信

日本航空(JAL)は、イベリア航空が運航する東京(成田)=マドリード線でコードシェアを実施、9月21日から販売を開始した。

[関連写真]

JALは現在、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)、フィンエアーの3社で日本=欧州線の共同事業を行っているが、3社共同事業にイベリア航空が、新たに加わる準備を進めている。

JALとイベリア航空は現在、イベリア航空が運航するロンドン=マドリード線とフランクフルト=マドリード線でコードシェア提携している。今回、10月18日から運航開始する東京(成田)=マドリード線でもコードシェアを実施することに合意した。

これにより、欧州線共同事業のネットワークに東京=マドリード間の直行便が加わり顧客の利便性が向上する。

また、イベリア航空の欧州線共同事業参加に伴って、JALとBA、フィンエアー、イベリア航空は、日本発ヨーロッパ行き運賃を共通設定し、9月21日から販売開始。4社共同運賃にはコードシェア便も含まれ、4社が運航する便の中から、出発・到着時刻、利用空港や運賃など、利用者のニーズに合わせて選べるようになる。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9/22(木) 14:00

レスポンス

なぜ今? 首相主導の働き方改革