ここから本文です

今なぜ「田中角栄」元首相が評価されているのか

ZUU online 9月22日(木)11時9分配信

強いリーダーシップを求めるかのように田中角栄・元首相(1918-93)に注目が集まっている。今なぜ再び彼なのか。それには時代を大きく動かした「男の器」に多くの人が酔いしれる魅力があるからに他ならない。昭和の宰相・田中角栄論を語るには、その親分肌に触れないわけにはいかない。

■人心掌握術を記した早坂茂三氏

田中角栄氏のような人物が求められているが、彼について語るならまず秘書だった故・早坂茂三氏についても触れなければなるまい。1955年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、東京タイムズの政治部記者として知り合い、田中氏が脳梗塞で倒れた85年まで政策担当秘書を務めた。

小学校しか卒業していない田中氏が総理大臣に昇りつめていく途中、大切にしたのは人間関係であり、義理、人情だった。大卒の早坂氏が小学校しか出ていない国会議員の秘書を務めたのは、相当の魅力が田中氏にあったからだろう。彼は後に田中氏人身掌握術などを『田中角栄 頂点をきわめた男の物語』(PHP)にまとめている。

不思議な事に、吉田茂、岸信介、池田勇人、佐藤栄作の4首相経験者も、いまの田中氏のように回顧され、「再びあのような人物を」といった待望論が出てくることはないようだ。それは田中氏のライバルで「角福戦争」を争った福田赳夫氏も然りだ。

■政治家のあるべき資質

戦後最大の疑獄事件といわれるロッキード事件。米国航空機製造大手ロッキード社の旅客機受注をめぐり、1976(昭和51)年に明るみに出た汚職事件だ。この事件で田中氏はリベートを受け取った疑惑がもたれ、逮捕までされている。

「金権政治」として批判もされるが、政治に金がかかる事は国民は良く知っている。とはいえ、先日辞任した舛添・東京都知事の場合のように、公私混同と私腹を肥やすのが「政治に金がかかる」ということではない。

ロッキード事件のような出来事があったにもかかわらず、その後も田中氏への支持が厚いのは、「信念」を持っているからではないだろうか。政治の世界では、きれい事だけでは事を進めることができない。有権者の多くが「数がなければ政治は動かせないし、その数を集めるには金が必要」と考えており、田中氏のような人物に信念や覚悟、リーダーシップを感じられるのがブームの理由と考えられる。

■「日本列島改造論」に大きな期待

田中氏といえば「日本列島改造論」が有名だ。特徴として挙げられるのが東京などの大都市への過密を地方に分散させるビジョンを提示していることだ。都市と地方の距離を縮めるには航空網の整備、新幹線、高速自動車道の建設、情報ネットワークの形成により時間距離を縮めそれも解消する。この「夢のビジョン」に、時代もあって国民が大きな期待を寄せた。

こうしたビジョンを提示できることは、政治家、リーダーとして非常に重要な資質だ。例えば米国ケネディ大統領が「月に人を送る」と宣言した時、米国民が大きな夢を共有した。人類にとっても大きな価値であり、人が夢やロマンを抱くことのできるビジョンを提示することは、政治家にとってはきわめて大きな価値がある。

■田中氏にあって現代のリーダーにないもの

自民党の二階俊博予算委員長は雑誌の対談で田中氏について、「今日まで先生を超える人に会ったことはありません」と言っている。彼は当選10回の重鎮。運輸相、経産相、自民党総務会長、国対委員長などを歴任しているが、過去に新進党や保守党などにも籍を置いてきている。

長年のキャリアで根気や胆力を身に付け、与野党問わず幅広い人脈を持つ二階氏が言うには、田中氏は「国民にも政治家にも上から下まで、否、下から上まで気を配り、人心を引きつけていく」人物だという。そのうえで、「何に対しても、常に真剣勝負でした」と述べている。

一方、書官として田中氏に仕えた小長啓一・元通産次官によれば、「1年生議員から政調会長になる10年間で議員立法を25本以上成立させ、すべてご自分が主答弁者でした」という。法案作成から答弁まですべて自身がやるということは、役人と同じレベルの知識が必要なのだ。

法案を作るときに苦労する部分、ポイントまで把握している。そこがほかの政治家とは全然違うというわけだ。法案を作る過程で、各省庁に所属する若い官僚と仲良くなった。田中氏が首相になった頃には彼らが各省の局長クラスとなっており、電話1本で懇意に話せたという。その際も、役人に指示するといった感じではなく、昔の同志として話をしている感じで、役人をも惹きつける魅力となっていたと言われている。

田中氏はいつも、仕事は人に任せて、自分は責任を取ると言っていたという。今回あまり取り上げなかったが、たしかに彼に対するネガティブな評価や意見も少なくない。「是」ばかりでなく「非」とともに受け止められている行動もある。

しかし、豪快な親分肌で、未来を示すのことのできるビジョナリーであるからこそ、先行き不透明な現代において、あらためて評価されているのだろう。(ZUU online編集部)

最終更新:9月22日(木)11時9分

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]