ここから本文です

佐藤友選手ら9人知事表彰 リオパラでメダル、上位入賞 静岡

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月22日(木)8時59分配信

 川勝平太知事は21日の定例記者会見で、リオデジャネイロ・パラリンピックでメダル獲得や上位入賞を果たした本県関係9選手への知事特別表彰の授与式を10月14日に開催すると発表した。

 陸上では、男子400メートル、1500メートル(いずれも車いすT52)2種目銀の佐藤友祈選手(WORLD―AC、藤枝市出身)、走り幅跳び(切断などT42)銀の山本篤選手(スズキ浜松AC、掛川市出身)、山本選手とともに男子400メートルリレー(切断など)で銅を獲得した佐藤圭太選手(トヨタ自動車、藤枝市出身)、男子マラソン(視覚障害)銅の岡村正広選手(RUNWEB、御前崎市出身)が対象。

 ボッチャ団体(脳性まひ)銀の杉村英孝選手(伊豆介護センター、伊東市)、車いすラグビー銅の若山英史選手(あしたかケアセンター、沼津市)も受賞する。

 メダルには届かなかったが、自転車の川本翔大選手(大和産業、伊豆の国市)、柔道の米田真由美選手(三井住友海上あいおい生命、島田市出身)、水泳の鈴木孝幸選手(ゴールドウイン、浜松市出身)も受賞対象になった。

 川勝知事は「並々ならぬ精進と鍛錬を重ね、素晴らしい成績で県民に夢と希望、感動を与えた」と称賛した。

静岡新聞社

最終更新:9月22日(木)8時59分

@S[アットエス] by 静岡新聞