ここから本文です

阪神・能見に来季セットアッパー“転向案”浮上 今季残り6試合でテスト

デイリースポーツ 9月22日(木)6時4分配信

 阪神・能見篤史投手(37)が来季セットアッパーを務める可能性が21日、浮上した。22日の広島戦からブルペン待機する左腕。今季残り6試合がテストの場となる。

 左の中継ぎが手薄だったチーム事情からのアイデアだ。加えて今季はセットアッパーの不振も目立ったことで生まれた能見の“転向案”に金村投手コーチは「球が速い左が欲しい」と説明。続けて「八回はコーディ(サターホワイト)がいるから。展開によって七回はあるかもしれない」と、状況に応じて登板させる方針を示した。

 今季は開幕からローテを守った能見。17日のDeNA戦が先発としての最後の登板となった。この日はチームと共に広島に移動。経験豊富なベテランが培った投球術を生かす。

最終更新:9月22日(木)7時44分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]