ここから本文です

阪神・能見に来季セットアッパー“転向案”浮上 今季残り6試合でテスト

デイリースポーツ 9/22(木) 6:04配信

 阪神・能見篤史投手(37)が来季セットアッパーを務める可能性が21日、浮上した。22日の広島戦からブルペン待機する左腕。今季残り6試合がテストの場となる。

 左の中継ぎが手薄だったチーム事情からのアイデアだ。加えて今季はセットアッパーの不振も目立ったことで生まれた能見の“転向案”に金村投手コーチは「球が速い左が欲しい」と説明。続けて「八回はコーディ(サターホワイト)がいるから。展開によって七回はあるかもしれない」と、状況に応じて登板させる方針を示した。

 今季は開幕からローテを守った能見。17日のDeNA戦が先発としての最後の登板となった。この日はチームと共に広島に移動。経験豊富なベテランが培った投球術を生かす。

最終更新:9/22(木) 7:44

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。