ここから本文です

古参ファンは辟易 相撲協会の“稀勢の里ゴリ押し”必要か?

日刊ゲンダイDIGITAL 9月22日(木)9時26分配信

「我々のような古参のファンには、今の相撲ブームは必ずしもうれしいことばかりじゃないんですよ」

 こう話すのは、国技館を訪れた岐阜県の相撲ファンだ。

 初日から満員御礼が続いている大相撲9月場所。初日の時点で、前売り券は千秋楽まで完売。わずかな当日券も、発売して30分もしないうちに売り切れる。国技館での本場所は例年、朝8時にチケット売り場が開いていたのが、今回から7時45分に繰り上がった。

 冒頭のファンが言う。

「私は初日の前日に東京のホテルに宿泊して、朝4時からチケット売り場に並びました(笑い)。以前は、平日ならフラッと来ても当日券を買えたんですけどねえ。今はとても無理です。何か、古参のファンが得するようなサービスなどがあればいいんですけど」

 大相撲は10年の野球賭博問題、11年の八百長騒動などで、ただでさえ落ち目だった人気が急落。それを救ったのが、13年に幕内デビューした遠藤だ。ザンバラ髪で闘うイケメン力士に、若い女性ファンが注目。「相撲女子」「スー女」なる言葉も生まれ、相撲そのものがメディアで取り上げられる機会が増えた。右肩上がりで人気は回復し、今や満員御礼が出ないのは「不人気場所」と言われる九州場所の平日くらいである。

 相撲協会も従来の好角家以外のファン層を取り込むべく、さまざまな戦略を打ち出した。「和装デー」もそのひとつ。和服を着た来場者に特典をつけるというもので、「相撲は興味ないけど和服を着るきっかけが欲しかった」という来場者もいたほどだ。他にも協会公式LINEに登録すると、先着数百人に非売品のグッズをプレゼントする企画も行っている。

■稀勢の里を不幸にしたいのか

 かつて、協会は「相撲人気回復のためには、日本人横綱をつくる必要がある」と主張してきた。しかし、現状はどうか。今場所は稀勢の里が序盤に失速するも、隠岐の海が2横綱3大関を撃破する快進撃。その隠岐の海も全勝の大関豪栄道に土をつけられた。

 そうしたさまざまな“事件”も、集客にはほぼ影響なし。初日の時点で前売り券が売り切れているのだから、日本人横綱が生まれようが生まれまいが相撲人気は当面、安泰だろう。

 それでも協会内には、2敗の稀勢の里の昇進を諦めていない者もいる。いくら日本人でも弱い横綱など、ファンは誰も望んでいない。地位にふさわしい力量もないのに昇進させられるとすれば、稀勢の里をも不幸にする。

最終更新:9月22日(木)9時26分

日刊ゲンダイDIGITAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]