ここから本文です

米FRB、追加利上げを見送り 6会合連続

朝日新聞デジタル 9月22日(木)3時40分配信

 米国の中央銀行、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)は21日、政策金利を維持することを決め、6会合連続で追加利上げを見送った。ただ、会合後の声明では「利上げの根拠は強まった」として、年内利上げの可能性を強く示唆した。

 金利据え置きの判断は賛成7票、反対3票。反対票は前回7月(1人)から増えており、利上げを支持する声が増えていることを示した。声明では「利上げの根拠は強まった」としながらも、「しばらくの間、(雇用や物価の)目標に向けたさらなる証拠を待つことを決めた」とした。

 FRBは昨年12月、景気が着実に改善しているとして、約9年半ぶりの利上げに踏み切った。当初は「年4回」の利上げを想定していたが、その後は金融市場の混乱や雇用の急減速などで、7月まで5会合連続で利上げを見送っていた。(ワシントン=五十嵐大介)

朝日新聞社

最終更新:9月22日(木)3時40分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]