ここから本文です

波紋呼んだジャッキー・チェンさん寄贈の像、撤去へ=台湾・故宮南院

中央社フォーカス台湾 9月22日(木)18時13分配信

(台北 22日 中央社)国立故宮博物院(台北市)の林正儀院長は22日、南部院区(故宮南院、嘉義県)の中庭に展示されている十二支像を今月末にも撤去する方針を示した。俳優で歌手のジャッキー・チェンさんから贈られたもので、作風や寄贈の意図に中国大陸の統一工作を思わせるなどとして波紋を呼んでいた。

林院長は、専門家から「パブリック・アートではない」「芸術性を満たしていない」との意見が上がったのに加え、社会的、政治的問題に発展したことなどが撤去の理由としている。

撤去後は十二支像を所蔵物ではなく、一般所有物として保管する方針だが、保管場所は検討中だという。

また、ジャッキー・チェンさんに対しては、後日改めて事情を説明するとしている。

(鄭景ブン/編集:齊藤啓介)

最終更新:9月22日(木)18時13分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。