ここから本文です

ヴァージン・オーストラリア航空、豪州発着2路線を開設へ

レスポンス 9月22日(木)16時0分配信

ヴァージン・オーストラリア航空は2017年4月4日からメルボルン=ロサンゼルス線、6月9日からパース=アブダビ線をそれぞれ開設する。

[写真:ロサンゼルス空港]

メルボルン=ロサンゼルス線は週5往復で運航される。使用機材はボーイング「777-300ER」型機。米国を重要な市場と考えるヴァージン・オーストラリアはブリスベン、メルボルン、シドニーからロサンゼルスに直行便を運航することになる。

パース=アブダビ線は週3往復で運航。機材はエアバス「A330-200」型機。ヴァージン・オーストラリアが長距離国際線にA330型機を投入するのは初めて。パース=アブダビ線は提携航空会社のエティハド航空が既に1日1往復を運航している。

なお、メルボルン=ロサンゼルス線の開設に伴い、ヴァージン・オーストラリアは来年2月7日からシドニー=アブダビ線を運休し、4月7日からブリスベン=ロサンゼルス線を週6往復に減便する。

《レスポンス 日下部みずき》

最終更新:9月22日(木)16時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]