ここから本文です

装置の高精度化が図れるダイレクトドライブモータの新モデル

MONOist 9/22(木) 7:55配信

 安川電機は2016年9月5日、ACサーボドライブ「Σ-7(シグマ・セブン)」シリーズに、ダイレクトドライブモータ「SGM7E」モデルを追加した。販売価格はオープンで、同月に納入を開始する。半導体、メディアタッチパネル、液晶、太陽電池などの製造装置や電子部品実装装置を主な用途とする。

 SGM7Eは、従来のダイレクトドライブサーボモータのSGMCS小容量モデル(Σ-IIIシリーズ)をΣ-7シリーズとして刷新したものだ。装置の高精度化、動作の安定化に貢献するという。

 コイルに鉄心がないギャップワインディング構造により、低トルクリプルによる滑らかな動作が可能になった。また、24ビットシリアルエンコーダ搭載で、装置の高精度化が図れる。軸振れや面振れの高機械精度にも標準的に対応。モータの外径はΦ135mm~Φ290mmを用意し、幅広いニーズに応える。

最終更新:9/22(木) 7:55

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。