ここから本文です

彼岸の中日 砂灸で無病息災願う

関西テレビ 9月23日(金)1時0分配信

関西テレビ

22日は彼岸の中日です。
徳島市ではユニークな方法で無病息災を祈る「砂灸」が行われました。


徳島市上八万町に伝わる砂灸は、砂の上に足跡をつけ、土踏まずの辺りにお灸をすえれば万病に効くとされています。

江戸時代にこの地方の人が修行僧を自宅に一晩泊めたところ、そのお礼として自分の師である弘法大師からの教えとしてこの砂灸を伝えたのが始まりとされています。

300年近く経った今も春と秋の彼岸の中日に無病息災を祈る行事とし農家の家の庭先で行われています。

中にはこの場所に来ることができなかった人の靴下を持参して祈る人の姿もみられました。

最終更新:9月23日(金)1時0分

関西テレビ