ここから本文です

唐奨、台北・故宮で受賞者6人の歓迎レセプション/台湾

中央社フォーカス台湾 9/22(木) 21:00配信

(台北 22日 中央社)台湾の実業家が「東洋のノーベル賞」を目指して設立した唐奨。25日の授賞式を前に、国立故宮博物院(台北市)で22日夕、運営団体主催の歓迎レセプションが開かれた。

レセプションに出席した行政院政務委員(無任所大臣に相当)の呉政忠氏が、「受賞者全員が地球環境の持続可能な開発や人々の平和的生存に貢献した」とたたえた。

永続的な発展、バイオ医薬、法治、漢学の4部門の受賞者が2年に1度発表される唐奨。2回目となる今年は、法治賞に輝く元国連人権高等弁務官のカナダ女性、ルイーズ・アルブール氏(69)ら6人が選ばれている。

(陳至中/編集:羅友辰)

最終更新:9/22(木) 21:00

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。