ここから本文です

【M-ONE】WPMF王座を争う潘とNOBUが激闘を宣言

イーファイト 9月22日(木)22時26分配信

 9月25日(日)東京・ディファ有明にて開催される『M-ONE 2016 2nd』で、WPMF日本ダブル王座決定戦を争う4選手から主催者を通じてコメントが届いた。

【フォト】WPMF日本スーパーフェザー級王座を争う中向と津橋はどちらが勝っても二冠王

 WPMF日本スーパーライト級王座を争うのは、潘隆成(クロスポイント吉祥寺)とNOBU BRAVERY(BRAVERY GYM)。

 潘は4月にREBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王者ハチマキを破る金星を上げ、7月には元ラジャダムナンスタジアム認定ランカーのセーンアーティット・ワイズディー(タイ)にKO勝ちを収めた。タイ人選手には連勝しており、今注目される若手の一人である。

「経験もあって実力もある選手です」とNOBUを評する潘。しかし、「スピード、パワー、テクニック全てが上がって来ているので、しっかり倒せるところを見せたい」と、成長の証としてKOで王者になりたいという。「今回WPMFのベルトをしっかり獲って、63.5kgで僕が一番強いことを証明していきたい。圧倒的な実力差を見せて、皆さんが喜ぶような面白い試合をします」と意気込んだ。

 対するNOBUは「長身で器用な感じです」と潘の印象を語り、「今回は派手な試合をして派手に勝つので、そこに注目しててください。大分の田舎からやって来る僕のことを知らない人も多いと思いますが、面白い試合をして勝ちます」と、こちらも激闘宣言。「この試合に勝って、もっと強い選手や有名選手に勝っていきたいです」と野望を燃やす。

 WPMF日本スーパーフェザー級王座を争うのは、MA日本同級王者・中向永昌(STRUGGLE)と蹴拳ムエタイ同級王者・津橋雅祥(エスジム)。どちらが勝っても二冠王となる。

 中向は「だいぶ長身に感じるのでやり辛いかも」という相手の印象に続き、「テクニックを見せられるように頑張ります」と謙虚なコメント。今後の目標については「スーパーフェザー級は層が厚い階級で強い選手も多いので、一戦一戦しっかり勝っていきたいです。今回もしっかりベルトを獲れるように必死で勝ちにいきます」と、やはり謙虚な姿勢は崩さない。

 一方、津橋は「一流タイ人とやりあえる高いレベルのテクニシャン」と中向を評し、「顔とスタイルの良さと美脚では負けない(笑)」とおどける。しかし、タイトルマッチの話をすると「プロになってからずっと欲しかったベルトにやっと挑戦出来るので、しっかり勝ってチャンピオンになります。僕は作られたチャンピオンではなく本物のチャンピオンになりたいので、チャンピオンになってからは強い選手と試合がしたいです」とアツい想いを語る。そして、「盛り上げて必ず僕が二冠王になります」と宣言した。

最終更新:9月22日(木)22時26分

イーファイト