ここから本文です

京都・向日市で「激辛ワールドフェス」 AKB48もゲストで熱演 /京都

みんなの経済新聞ネットワーク 9月22日(木)22時0分配信

 京都向日町競輪場(京都府向日市寺戸町西ノ段5)で9月22日、「物産展+激辛ワールドフェス 京都向日町激辛商店街」が開催された。主催は乙訓商工・観光協会。共催は「京都向日市激辛商店街」。「京都向日競輪場」「京都府北部地域連携都市園振興社」「森の京都DMO設立推進協議会」「お茶の京都DMO設立推進協議会」が協力している。(伏見経済新聞)

 同イベントは向日市、長岡京市、大山崎町などの乙訓地区と京都府の各地域の振興を目的に企画され、向日市の「京都向日市激辛商店街」の各店舗や京都府宮津市、舞鶴市などの物産品・飲食店など、87店舗が出店した。

 
 9時30分からイベントがスタート。会場の競輪場には約8万人が来場、激辛料理などを楽しんでいた。

 会場のイベントステージでは、激辛商店街のテーマソングを歌う「激辛音楽団」「PVPダンススクール」「京都府立向陽高校ダンス&書道パフォーマンス」「単語七姫劇団ステージ」などがパフォーマンスを披露し、場内を盛り上げた。

 13時15分からは、特別ゲストのAKB48 チーム8のメンバーがステージに登場。AKB48チーム8は、全国47都道府県から一人ずつメンバーが選ばれており、今回は地元関西から「京都府代表・太田奈緒さん」「大阪府代表・永野芹佳さん」「兵庫県代表・山田菜々美さん」「奈良県代表・大西桃香さん」「滋賀県代表・濱咲友菜さん」の5人と、熊本の震災復興支援募金をしている縁で「熊本県代表・倉野尾成美さん」を加えた、6人がイベントに参加した。ステージでは「恋するフォーチュンクッキー」「365日の紙飛行機」「Everyday、カチューシャ」などのお馴染みの曲をはじめ9曲を披露、からっキーなど京都府にゆるキャラたちとのコラボも実現、ステージ前に陣取った約500人のファンを熱狂させた。
 パフォーマンス前に食べたという激辛料理については「辛いけど美味しい」「もっといろんな種類に挑戦したい」などのコメントをしていた。

 16時からは来場者の投票で選ばれた激辛料理の順位を発表。1位には地元の激辛商店街のカレーうどんを提供した「はなこ 」が選ばれた。

 京都向日市激辛商店街の宮路会長は「途中から雨になってしまったが、どう競輪場で開催した昨年の『KARA-1グランプリ』に引き続いて、大勢の方にお越し頂けて良かった。『激辛商店街』や京都府各地の料理などの魅力を感じて頂けたなら嬉しい。来年以降も連携して京都全域のイベントとして育てていきたい」と話す。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月22日(木)22時8分

みんなの経済新聞ネットワーク