ここから本文です

まだ13歳!“顔なき”シンガーSia(シーア)のMVに登場する美少女天才ダンサーが世界を驚かせている

M-ON!Press(エムオンプレス) 9/22(木) 21:32配信

ポップス界最大のヒットメーカーであり、「チープ・スリルズ」が自身初の3週全米首位を獲得したことが記憶に新しい“顔なき”シンガー、Sia(シーア)。彼女のミュージックビデオには、毎回表現力豊かなダンサーが登場していることをご存知だろうか。なかでも、抜群の身体能力をもつ美少女ダンサーが話題になっている。

圧巻のパフォーマンスはこちらでチェック

彼女の名はマディー・ジーグラー。2歳の頃からダンスを始め、アメリカのリアリティ番組「Dance Moms(ダンス・マム)」に出演したことがきっかけでプロとして活動を開始。そんな彼女の才能を見出したのがシーアなのだ。

マディーは先日公開された新曲「ザ・グレイテスト」にも登場し、華麗なダンスを披露。たくさんの子供たちが登場するなか、シーアの象徴でもあるボブのウィッグを付けた彼女は、全身や表情を巧みに使い、悲しさや怒りなどの感情を見事に表現している。

彼女のダンススタイルは、基準がなく独自の世界観を創り出し自由に表現する「コンテンポラリーダンス」と呼ばれ、大人顔負けどころではないパフォーマンスを見せる。

シーアは、いっさい顔を出さず、背を向けて歌い、顔が隠れたボブのウィッグをつけてステージに立つことから“顔なき”シンガーと称されている。そんな彼女の感情や歌の魅力を“分身”として豊かに表現するのがマディーの役割なのだ。

それはミュージックビデオだけに限らず、様々なライブやテレビ番組でも“分身”として見事にシーア独自の世界観をサポートしてきた。

これまでマディーが出演してきたミュージックビデオのなかでも最も注目されたのが「シャンデリア」。

このミュージックビデオは10億を超える再生回数を記録し、マディーの驚異的なダンスが世の中に知れ渡るきっかけとなった。殺風景な部屋の中で、肌色のレオタードを着たマディーが踊るというとってもシンプルなものだが、彼女のダンスはその地味とも言える雰囲気を一蹴する。驚異的な表現力でシーア独自の世界観に引き込んでいく素晴らしいMVに仕上がっている。

世界から注目されるようになったマディーは、現在はモデルとしてファッション誌にも登場。さらにはティーン向けのファッションブランド「Maddie」を立ち上げることが決定している。まだ13歳。彼女のクリエイティビティがさらに開花していくことを世界が期待している。

最終更新:9/22(木) 21:32

M-ON!Press(エムオンプレス)