ここから本文です

「納得の試合内容」 V11・山中選手、滋賀県庁を表敬

産経新聞 9月22日(木)7時55分配信

 プロボクシングWBCバンタム級タイトルマッチで、日本人歴代2位タイとなる11度目の防衛を果たした山中慎介選手(33)=湖南市出身=が21日、県庁を訪れ、三日月大造知事を表敬訪問した。「納得の試合内容で勝つことができた」と喜びを報告した。

 山中選手は16日、エディオンアリーナ大阪(大阪市浪速区)で行われた世界戦で、1年前に判定で辛勝したアンセルモ・モレノ選手(パナマ)と対戦。激しい打ち合いを制し、7回KOで快勝した。この試合に勝利し、米国で権威あるボクシング専門誌「リング・マガジン」の認定ベルトも獲得した。

 会場で試合を観戦した三日月知事は「地元湖南市からもたくさんの応援があった。地に足を着けていい戦いをしてくれた」とねぎらった。山中選手は「全体の大声援が後押ししてくれた。最近はファンの皆さんと自分も納得しない内容が目立ったが、今回は、皆さんの予想以上の試合結果で期待に応えられた」と話していた。

最終更新:9月22日(木)7時55分

産経新聞