ここから本文です

西内まりや「映画の世界観を表現」新曲発売イベントで聴衆驚かせた

スポニチアネックス 9月22日(木)6時47分配信

 女優で歌手の西内まりや(22)が21日、新曲「BELIEVE」の発売記念イベントを都内で行った。

 同曲は自身初の主演映画「CUTIE HONEY―TEARS」(10月1日公開)の主題歌。♪I BELIEVE in my heart…という歌詞の「heart」の部分をシャウトするのが見せ場で、西内はマイクを30センチ以上離して声を張り上げた。オープンスペースでのイベントだったが、声量の大きさに驚いて足を止める高齢者男性の姿もあった。

 映画で演じたキューティーハニーが、世界を守るために自らを犠牲にして戦っていく強い意志を表現しようと「ハニーの心の叫び」として歌に組み入れたという。裏声を使わずに地声を張り上げ「映画の世界観を表現しました。こだわって作りました」と、驚く聴衆1500人に呼びかけた。

最終更新:9月22日(木)6時47分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。