ここから本文です

日本ハム奪首! 9勝目・大谷が見せた「大人の投球」

東スポWeb 9月22日(木)13時0分配信

 パ・リーグ最後の天王山2連戦、ソフトバンク―日本ハム戦が21日、ヤフオクドームで行われ、日本ハムが先発・大谷翔平(22)の8回1失点の好投もあり、2―1で接戦を制し、首位に躍り出た。22日の直接対決最終戦に日本ハムが勝つか引き分け、ソフトバンクは勝てばマジックが点灯する。球史に残るデッドヒートは、最後の最後までもつれるのか、それとも――。

 大谷がこれまではね返され続けてきた大一番で、ついに真価を発揮した。先発復帰3戦目、まだ調整も不十分な難しいマウンドで8回4安打1失点。再三のピンチを5回の1失点のみに抑え切り、リアル二刀流出場では今季負けなしの7戦7勝で自身の野球人生初Vをグッと手繰り寄せた。

 栗山監督が「思った通りの(接戦の)展開。調整は難しかったと思うが結果として勝った。(調子が)いいとか悪いではなく結果が全て。選手があれだけ喜んでいるというのが一番」と意味のある試合で勝利の流れを作った投手・大谷を評価した。

 7月3日のソフトバンク戦(ヤフオク)以来の今季9勝目(4敗)を挙げた大谷は「もう投げている最初の記憶があまりない。今日は野手に助けられました。(決勝2ランの)レアードもそうですし、あの(7回の今宮の)フライもダイさん(陽岱鋼)にしか捕れない。すごく大きなプレーでした」とバックの堅守に感謝。その上で「ボクは優勝したことがないので優勝してみんなで一緒に喜びたい」と野球人生初Vへ強い思いを語った。

 この試合で大谷が見せた“勝つための投球”には4年目の進化が存分に詰まっていた。本紙評論家の大友進氏は「今日は変化球の割合が多かった。真っすぐが良くなかったこともあるけど、明らかに真っすぐを狙っているホークス打線に対して真っすぐの見せ球とか強引に押すパワーピッチングをしてこなかった」と理想を追わず、勝負にこだわった大谷の変化を指摘した。

 その象徴的場面が2点リードの5回に自らの送球エラーで無死一、三塁のピンチを背負い、本多の適時打で1点を返されながら3番・中村晃、4番・内川を抑え同点を許さなかったシーン。大友氏は「ああいう場面で浮足立ったり、カッカしてリズムを乱してしまうのがこれまでの大谷君だった。ところが今日は冷静に終始ストレート狙いの相手打者の心理を読みながら、勝負どころで変化球を多投していた。(二死二、三塁の)内川の場面では一打逆転のチャンスにもかかわらず、狙い球が合わない相手の方が焦っていた。あそこで149キロのフォークやキレ味抜群のスライダーを投げられたんじゃ、そうは打てない」と女房役・大野のリードとともに大谷の冷静な投球をたたえた。

 そして、この日見せた変化球主体の投球は「必ず次のクライマックスシリーズ(CS)でも生きる。この日やられた投球を受けてホークス打線に迷いが出てくる」とも指摘。大谷の見せた“大人の投球”が単なる1勝以上の価値を持って今後に生かされると予想した。

最終更新:9月22日(木)13時11分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報