ここから本文です

ソフトB「1番・江川」 工藤監督の“奇襲”失敗

東スポWeb 9/22(木) 13:00配信

 21日のソフトバンク―日本ハム戦(ヤフオクドーム)、ソフトバンクの工藤公康監督(53)は164キロ右腕・大谷を攻略するために“奇襲”を仕掛けたが実らなかった。大谷を攻略する上で「キーポイントとなるのは立ち上がり」(大道打撃コーチ)。直球中心の配球になることや、力んで制球が定まらないためで、トップバッターが重大任務となる。そんな中で、この日1番に抜てきされたのは今季初の江川智晃外野手(29)。しかも大谷とも今季初対戦で、過去を見ても右腕がルーキーだった2013年しか打席に立っていない。今回は本多、中村晃の2、3番固定を前提とした中で、指揮官が江川抜てきを決断したという。直球系に強く走力もあるのが理由で、首脳陣には「右打者に対してストライクゾーンから外れることが多い」との見立てもあった。

 ただ、戦前から不安視する声は複数出ていた。もともと工藤監督はオーダーを動かすことの多いタイプだが、この日は独特の緊張感が漂う天王山だ。「弱いチームなら奇襲もありだが、首位チームが普段通り戦うべき大一番で、これまでやってないことをやるというのもね。いいほうに出てくれればいいが…」(チームスタッフ)

 そんな悪い予感が的中してしまった。結局、江川は5打数無安打で2三振。9回二死二、三塁と一打逆転サヨナラのチャンスでは中堅へ大飛球。陽のファインプレーで最後の打者となった。直球狙いを指示されていたが、プレッシャーのかかる初1番で、3年ぶりに対する日本最速右腕に対応することは困難で、試合後は「人生で一番速かった」と悔しさをにじませた。

 第1ラウンドに敗れたソフトバンク。後がなくなった。

最終更新:9/22(木) 13:14

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。