ここから本文です

韓国「ポジャギ」の作品並ぶ 湖西市立新居図書館

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月22日(木)9時24分配信

 韓国のパッチワーク「ポジャギ」の壁掛けなどの作品約50点を並べた「ミニ着物とポジャギ展」が22日から、湖西市立新居図書館で開かれている。25日まで。

 市内の女性4人でつくる手縫いサークル蓮(れん)の主催。ポジャギの壁掛けは淡色の麻や絹などを縫い合わせ、ステンドグラスのような模様にした。窓に掛けると光で透けるインテリア品。ポーチなどの作品もある。

 ミニ着物は古い着物を小さいサイズに縫い直し、床の間などに飾れるようにした。「きめ細かく縫い、時間をかけて作った作品を見てほしい」と代表の佐原千登勢さん(55)は話す。午前10時から午後5時(最終日は同4時)まで展示。

静岡新聞社

最終更新:9月22日(木)9時24分

@S[アットエス] by 静岡新聞