ここから本文です

食べるの惜しい?キティちゃんリンゴ

河北新報 9月22日(木)16時0分配信

 青果物卸売業のヤマハチアップル(青森県弘前市)が、青森県内の企業と連携し、サンリオのキャラクター「ハローキティ」をプリントした「ハローキティりんご」を商品化した。28日から東京都中央区の銀座三越で開かれる「ハローキティフェア」で販売する。

【写真特集】キティちゃんがこけしに変身!?

 青森県のあおもり農商工連携ファンド助成事業に採択され、県産品の輸出販売を手掛ける青森トレーディング(弘前市)、リンゴ生産の村山農園(青森県板柳町)と協力し商品開発を進めた。県産の「つがる」「黄王」に、可食インクで3種類の図柄を描いた。

 価格はギフトボックス入りで1個1080円。2個入りは2160円。

 ハローキティのプロフィルは「身長リンゴ5個分、体重リンゴ3個分。好物アップルパイ」。リンゴと縁が深いことにヤマハチアップルの若手社員が着目したのが開発のきっかけだった。工藤幸久社長は「ハローキティはアジアなどで人気がある。都内での売れ行きを見て、海外でも販売していきたい」と話した。

最終更新:9月22日(木)16時0分

河北新報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]