ここから本文です

レアル・マドリー、ペップ・バルサの最多連勝記録を破ることはかなわず…ビジャレアルと1-1ドロー/リーガ第5節

GOAL 9月22日(木)4時52分配信

21日のリーガエスパニョーラ第5節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのビジャレアル戦を1−1のドローで終えた。

この試合に勝利すれば、グアルディオラ監督率いたバルセロナを上回り、リーガ最多連勝新記録となる17連勝を達成するR・マドリー。ジダン監督は前節エスパニョール戦をそれぞれ風邪、腰の打撲で欠場したクリスティアーノ・ロナウド&ベイルを復帰させ、また負傷でカセミロを欠く中盤ではモドリッチも休ませハメス&コバチッチを起用した。スタメンはGKカシージャ、DFダニーロ、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ、MFクロース、ハメス、コバチッチ、FWベンゼマ、C・ロナウド、ベイルで、4−3−3システムを採用した。

立ち上がりからボールを保持したR・マドリーだが、マヌ・トリゲロス、ブルーノ、ジョナタンのトリボテ(3ボランチ)で中央を固めるビジャレアルを前に、容易に決定機を生み出すことができない。攻撃はマルセロがボールを持って駆け上がる左サイドに偏ることになる、同サイドのクロスからベンゼマ、C・ロナウドが放ったヘディングシュートは、いずれもGKアセンホの好セーブに阻まれた。

R・マドリーは43分にマルセロが負傷し、足を引きずりながらロッカールームへと直行。その2分後にはマヌ・トリゲロスのシュートをセルヒオ・ラモスが手で止め、ビジャレアルにPKを献上してしまう。ウォームアップを終えたカルバハルがピッチに入った後、キッカーのブルーノが蹴ったパネンカが枠の中央に収まり、アウェーチームがスコアを動かした。

「エチャレ・ウエボス(根性入れろ)!」。ベルナベウ南スタンドの応援ゾーンから発せられるこのチャントとともに後半を開始したR・マドリーは、S・ラモスが汚名返上となる同点弾を獲得する。49分に迎えた右CKの場面、R・マドリーのカピタンはハメスのクロスに頭で合わせ、アセンホを破った。

R・マドリーはスコアをひっくり返すために攻勢を仕掛けるも、C・ロナウド、ベイルらは決定機を決め切ることができず、次第にビジャレアルに押し込まれていく。ジダン監督は70分過ぎに選手交代に動き、ベンゼマ、ベイルの代わりにルーカス・バスケス、モラタをピッチに立たせる。けれどもクロースのミドルシュート、モラタのヘディングシュート、C・ロナウドのFKがセーブされるなど、ビジャレアル守護神を再び破ることはかなわず。結局1−1のまま試合終了のホイッスルを迎え、最多連勝新記録の樹立はならなかった。

首位R・マドリーの開幕からの連勝は4でストップ。ビジャレアルは勝ち点9で暫定5位に位置している。

GOAL

最終更新:9月22日(木)4時52分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合